敏感肌 原因

MENU

敏感肌になるふたつのファクターとは?

若干、鶏が先か卵が先か、という話の要素もあるのですが、一般的に敏感肌にはふたつの原因があると言われています。

 

どんなことでもそうだと思いますが、悩みを解消するなら正しく原因を突き止めることからはじまります。

 

敏感肌を作る要因をまとめてみました。

 

外からの原因

まずは、外的な要因がをきっかけとなるものです。もっとも顕著なのが「肌の乾燥」です。乾燥肌は皮脂や水分量が少なく、バリア機能が弱った状態です。

 

こうした不安定な状態が日常化すると、あらゆる刺激にさらに過剰に反応して炎症を起こしたりし、敏感肌の状態になってしまいます。

 

特に女性の場合、月経前後や季節の変わり目、仕事のストレスなどでホルモンバランスが乱れ、肌の状態が悪くなりやすくなります。

 

こういう時にケアの方法を間違えるとよくなるどころか返って悪化し、敏感肌になります。

 

よくあるのが、年齢によって肌質が変わっているのに気づかず、ずっと同じ化粧品を使い続けることです。自分に合っているから、今更変えるのは良くないという判断が、肌トラブルを招くことになるのです。

 

肌が乾燥して刺激に弱い状態が日常化することで、あらゆるものに反応する敏感肌が出来上がってしまうのです。

 

中からの原因

もうひとつは、アレルギーを要因とするもの。いつも身につけていたネックレスが金属アレルギーの原因になったり、花粉が皮膚に付着することでアレルギー性の皮膚炎を起こしたり。

 

怖いのは、それまで何ともなかった物質にいきなり反応することです。

 

茶のしずく石鹸の時に問題になりましたが、アレルギーの原因は未だ解明されてはいないものの、ある種「しきい値」のような物あるのでは?と言われていました。

 

つまり、これ以上身体にアレルギー物質を取り込んだら、という基準値を超えるまでは何ともなく、超えた時に急に症状が現れるということです。

 

いつも食べているもの、身につけているもの、使っているものの中に、思わぬアレルギーの要因があるなんて恐ろしすぎます。

 

現代社会はまさに、アレルギーの原因に囲まれて暮らしている、ともいえます。

 

アレルギー反応が起こると、身体はヒスタミンを大量に分泌するのでかゆみやじんましん、皮膚炎がおこります。

 

こうなると皮膚をかいたりしてしまうので余計に悪化することに。書き壊れた皮膚はバリアが破壊されているので、さらにアレルゲンが侵入し放題になります。

 

この悪循環に陥ると、もはや原因がアレルギーなのか敏感肌なのかわからなくなるほど、皮膚が最悪なことになってしまいます。

 

アレルギーの場合が原因の特定が難しいため、皮膚科医に診察してもらい、アレルギーの血液検査をすることが第一です。

 

敏感肌をただの肌の問題、と思っていたら、思わぬ要因が引き起こしていた、ということも十分にありえるのです。