セラミド アトピー

MENU

セラミドの不足はまちがいなくアトピー悪化の要因

キレイモ

アトピー肌で悩む方は、皮膚科に行ってもなかなか治らず大きな悩みになっています。何故アトピーになってしまうのかというと、正常な肌に比べてセラミドの量が少ないのです。

 

セラミドは、皮膚の保湿に必要不可欠な物質であり、肌を守るバリア機能としての役割があります。つまり、セラミドが足りていないと、肌のバリア機能が低下している事になります。

 

肌の角質層の隙間が多いので、ちょっとした刺激でも傷つきやすい肌になっているのです。隙間があるという事は、皮膚の中にある水分が、外に出てしまう事でもあります。

 

皮膚が乾いてしまい、刺激を受けると炎症が起きてしまい、痒みや湿疹を引き起こしてしまいます。

 

掻いてはいけない!と思いながらも、肌の水分が無くなり、完全に乾燥してしまっているので、つい掻いてしまうのですが、爪によって傷ついた皮膚を更に傷つけてしまいます。

 

皮膚がめくれ上がってしまうので、アトピー肌は悪化してしまいます。セラミド不足が、アトピー肌を招いている一番の原因だと考えられていますから、アトピー肌を守る為にはセラミドを補う必要があります。

 

セラミドは、保湿効果が高く、刺激がありませんから、アトピー肌の方でも安心して使う事ができます。アトピー肌の方は、本来セラミドがある部分に、保湿効果の低い物質が多く存在しているのです。

 

べたつき感があると、それだけで肌が痒くなったりするのですが、セラミドの使い心地は軽いので、肌に負担がかかりません。普段のスキンケアに使っている化粧水を選ぶ際にも、セラミドが配合されているものを選ぶと良いのです。

 

身体の中からもセラミドを補いたい場合は、セラミドのサプリメントも出回っていますから、同時に使用すると肌のバリア機能を回復するのが期待できます。