混合肌 ケア

MENU

いったいどういう状態が混合肌なのでしょうか

肌を気にする女性

 

お肌の状態を大きく分けると、主に4つに分類することができます。

 

健康的な状態の「普通肌」、乾燥した状態の「乾燥肌」、皮脂が多い状態の「脂性肌」、ちょっとした外部刺激に影響を受ける「敏感肌」です。

 

これらの肌の状態は、それぞれ単独で生じる場合もありますが、それぞれが組み合わさった形で現れることもあります。

 

例えば、額や鼻などのTゾーンは皮脂が多くてテカテカしているけど、頬の辺りは乾燥してカサカサしている、というような状態です。

 

また、季節によって肌質が変わるといった、まわりの気候に肌の状況が左右される、ということもあります。

 

このように、顔の中でも場所によってお肌の状態が異なっている状態を「混合肌」と言います。

 

実は混合肌は日本人に多い肌質と言われています。が、顔のどの部分も均一に同じ肌質の方なんてなかなかいません。私達はロボットではありませんから。

 

誰しも多かれ少なかれ、部位によって肌質がことなるのですが、その差が大きい状態は混合肌といわれます。

 

混合肌になってしまった場合、顔全体のケアが大切なのはもちろんですが、お肌の状態に応じてケアの方法を変えていくこともとても大切になってきます。

 

また、混合肌になってしまう原因は、内部的な要因と外部的な要因があります。

 

皮膚は表に見える内臓とも言われ、ストレスやホルモンバランスの乱れ、偏った栄養状態などさまざまな要因が重なって肌に不調をきたすることも十分に考えられます。

 

体質によって混合肌になりやすいという方もいますが、日常生活で気を付けることによって、混合肌を防げたり、症状が軽減することも少なくありません。

正しい混合肌のケアとは

混合肌ケアで大切なのは、まず日常生活を見直すということです。

 

当たり前のことかもしれませんが、睡眠時間をきっちりと確保する、一日三食、栄養バランスのよい食事をしっかりと摂るなど。

 

お肌に良くない生活習慣を見直すことで、混合肌が良くなったり、症状が軽くなることがあります。

 

混合肌になりやすい生活習慣には、睡眠不足や強い日差しに当たること、アルコールやタバコの過剰摂取などが挙げられます。

 

また、ストレスを溜めてしまうことも、混合肌になりやすい原因の一つです。

 

これらのことに心当たりがあるのであれば、まずはそれらの生活習慣を改善させることが、混合肌ケアの第一歩になります。

 

また、スキンケアの面でも、混合肌に合わせたケアをすることが大切になります。

 

脂性肌になっている部分は、毛穴づまりなどに気を付けて、重点的に洗顔をします。脂性肌の部分でも、保湿をすることは大切です。

 

油分をあまり含まない化粧品を使って、保湿ケアをするようにしましょう。反対に、乾燥肌になっている部分では、保湿を重点的に行います。

 

乾燥肌の部分は油分が不足していることが多いので、油分を補うようなケアをしてあげることが大切です。